刺青 除去 クリーム 方法

刺青を消したい人へ

刺青を消したい人へ

 

若いころに入れてしまった刺青を、今すぐ消したい人が増えているようです。

 

刺青を消したい人の理由としては、デザインが若すぎて今の年齢とそぐわなくなってしまったというケースや、別れた彼氏、彼女などの名前が入っているから消したいというケースなど色々あるでしょう。

 

ある調査によると、入れてしまった刺青を消したい人は3人に1人とも言われているようです。
刺青を消したい人が多いのがうかがえますよね。

 

刺青の除去には、レーザー、切除法、植皮法、剥削法などの方法があります。

 

レーザーによる除去法は、黒い墨の部分にレーザーを当てることによって破壊し、薄くしていくという方法です。
肌を切除しなくてよいという反面、カラフルな刺青には対応できないこともあるというデメリットもあります。

 

また、治療回数も多くなる事が多いでしょう。

 

切除法は、刺青の部分の皮膚を切り、周りの皮膚を寄せて来て縫うという方法です。範囲が小さければ一度の治療で済むこともありますが、傷跡が残りやすいでしょう。

 

植皮法は、刺青部分の皮膚を切り取り、太もも、お尻などの目立たない部分の皮膚を移植するという方法です。

 

カラフルな刺青などにも対応できる反面、皮膚を切り取った太もも、お尻などにも跡が残ってしまうというデメリットがあります。

 

剥削法は皮膚に入った墨を削り取る方法です。

 

比較的短期間で済み、広範囲の刺青やカラフルな刺青にも向いていると言えます。
短期間で消したい方に向いている方法でもあります。
ただし、ケロイド状の跡が残ったり、回復に時間がかかったりするというデメリットもあります。

 

刺青を消したい人は、刺青の範囲や色などを考慮したうえで後悔の無い除去法を選びましょう。

刺青除去の最新方法とは

刺青除去の最新方法とは

 

刺青除去には痛みが伴うというイメージがありますよね。
しかもレーザーではカラフルな刺青は消しにくいなど、色々と問題もあります。

 

しかし、最新方法の刺青除去なら、カラフルな刺青も消せる可能性があるんですよ!

 

それが、最新テクノロジーの「ピコレーザー」を使用した刺青除去なのです。
レーザーでの刺青除去では、黒以外の色は消しにくい、または消えないというデメリットがありました。
何度も治療を受けても薄くならず、やけどのような跡が残ってしまうというケースもあるようです。

 

しかしこのピコレーザーなら、赤や緑、青などすべての色の刺青を除去することが可能だと言われています。今まで消しにくいとされていた青、緑なども、細かく破壊して消しやすくしてくれます。

 

ピコレーザーの良さは、カラフルな刺青が消せるというだけではありません。
従来のレーザーよりも治療回数が少なくて済むというメリットもありますよ!従来のレーザーの約半分の回数で治療が出来ると言われています。

 

さらに、刺青除去と言えば気になるのが「痛み」ではないでしょうか。
ピコレーザーでの刺青除去の痛みはどうなのでしょうか。

 

ピコレーザーの場合、熱が少ない分、従来のレーザーよりも痛みが少ないとされています。
ですから、従来のレーザー除去を受けたけれど痛みが辛くてやめてしまった、という方にもおすすめできるでしょう。

刺青除去の費用(金額)

刺青除去の費用は、刺青を入れる時の費用よりも金額が高くなってしまうことが多いようです。

 

リスクを伴う上に費用もかかるとなれば、やはり方法や値段などの面から慎重に検討した上で刺青除去を行う必要があるでしょう。

 

切除法で刺青除去をした場合の値段は、約20万円〜50万円程度と言われています。

 

切除法の場合は一度で済むことも多く、金額が明確に分かりやすいというメリットがあるようです。

 

また、植皮法での刺青除去場合の値段も、約20万円〜50万円程度と言われていますが、範囲が広い場合には多くて100万円くらい金額がかかってしまうケースもあるようです。

 

レーザーの場合は5cm×5cmの範囲一回で4万円〜8万円程度の費用が掛かると言われています。しかし治療の回数が多くなることが多く、結局は20万円〜80万円程度の金額がかかってしまうこともあるようです。

 

回数がどれくらいになるかが分からないことも多いため、どのくらいの値段になるかが分かりづらいのがデメリットとも言えるでしょう。

 

どの方法も決して安いとは言い難い金額ですから、やはりよく検討した上で決める必要があるでしょう。

 

高額の費用を払ったのに消えない上に跡も残ってしまった、などということになってしまっては元も子もありません。

刺青除去は失敗する?跡は残る?

刺青除去は失敗する?跡は残る?

 

刺青除去をしたいけれど、もし失敗をしたり跡が残ってしまったりしたら…と考えると、なかなか踏み出せないですよね。
実際にはどうなのでしょうか。

 

切除法、植皮法、剥削法などは、やはりどうしても跡が残ってしまいます。

 

切除法は縫い合わせますから、縫った傷跡が残ります。

 

植皮法の場合、皮膚を移植するために太ももやお尻などから皮膚を切り取りますから、刺青があった部分だけでなく切り取ってきた場所にも跡が残ってしまうのは言うまでもありません。

 

また、剥削法についてもケロイド状の跡が残ります。

 

切除する、削るという方法を取れば、やはり傷になるのは想像がつきますよね。
しかしレーザーでも、ケロイドのような跡が残ってしまうこともあります。
治療回数が多くなればなるほどやけどのような跡が残りやすくなるようです。

 

また、レーザーの場合は刺青の色や新しさ、墨が深く入っていることなどによって結局消えなかったという失敗も起こり得ます。

 

ケロイドになりやすい体質の方もいらっしゃいますから、レーザーで皮膚がただれてしまうという失敗も考えられます。

 

ケロイド状になるというだけではなく、かゆみや痛み、ひきつれる感じやしびれなどを生じてしまうこともあるようです。

 

特に大きめの刺青の場合には、失敗のリスクも考えておいたほうが良いでしょう。

 

今すぐに刺青を消したい、という気持ちは分かりますが、刺青よりも痛々しい傷跡が残って消え無くなってしまうケースもあります。

 

失敗を防ぐためにも、どのような方法で除去するべきかを事前にしっかり検討する必要があるでしょう。

刺青除去はクリームでも出来る

刺青を消す方法には、先ほどご説明した通りレーザーや切除法などがあります。
どれも痛そうだし、傷が残りそうな気がするし、何となく気が進まないな…と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方たちのために、刺青を消せるという「クリーム」があるようなのです。

 

クリームで刺青が消せるの??と驚いた方もいらっしゃるでしょう。

 

クリームならレーザーや切除法のように痛みもありませんし、レーザーや切除法などに比べるとコストも抑えられますね。

 

刺青を除去するクリームは、美白クリームと同じようなものです。
強めの美白クリームだと思うと分かりやすいかもしれませんね。

 

しかしやはり、即効性という面においては期待しないほうが良いでしょう。
気長にゆっくり刺青を薄くしていきたい人向けと言えます。

 

以前のクリームはアレルギーなどのトラブルが出るものもあったようですが、最近のものは改良されているようですよ。

 

傷がついてしまうリスクを抑えたい方や、今すぐに消さなくても大丈夫な方は試してみる価値はあるのかもしれません。

 

しかし、刺青の色や状態によってはやはりクリームで消すのは難しいケースもあると思っておいた方が良さそうです。

 

いずれにせよ、かなりの時間と根気が必要となる事は覚悟しておいた方が良いのかも知れませんね。

刺青で損する事とは

若いころにおしゃれ感覚で刺青を入れた方や、恋人との愛の証として刺青を入れた方などもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その年齢の頃には良いと思っていた柄も、年齢を重ねるにつれて好みが変わってくることもあります。

 

それだけではなく、日本ではまだまだ刺青は社会的にあまり認められておらず、偏見も根強いですから、損する事も色々と出てきます。

 

若気の至りでは済まされないのが現実なのです。

 

刺青を入れていて損する事と言えば、やはり一番に挙げられるのは就職活動かも知れません。

 

就職活動で白いYシャツやブラウスなどを着た時に刺青が透けて見えてしまっては、即不採用になってしまう可能性が高いかもしれません。

 

そういったことによほど理解のある職場でない限りは、やはり損する事になるでしょう。

 

結婚を考えた時にも、やはり刺青が入っていると損する事になりそうです。
子供の婚約者に刺青が入っていると知ったら、やはり相手の親御さんはいい顔はしないでしょう。

 

最悪の場合、婚約が破談になることも考えられます。

 

また、温泉やプールなどの公共施設では、刺青をしている方お断りなどというところも多いものです。

 

子供と一緒にプールに行きたいけれど行けない、といった事態が起こって来るでしょう。
プールに連れて行ってもらえない子供は不満に思うでしょうし、親子で楽しい思い出を作る機会が失われてしまいます。

 

さらに、刺青をしていると生命保険に入れないなどといったケースもあるのだそう。

 

こう見てくると、刺青によって損する事はたくさんあります。

 

入れてしまった刺青は消すしかありませんが、今後刺青を入れようと考えている方は、年齢を重ねた時の事をよく考えた上で行うべきでしょう。
初めから入れないに越したことが無いのです。

■参考サイト